毛穴の基礎知識

毛穴とは?数・大きさ・役割を徹底調査!!

ヒトの身体には無数の毛穴が存在しています。 顔の毛穴だけでも約20万個あり、中でもおでこから鼻にかけてのTゾーンに集中していて、他の部分よりも毛穴の数が7倍も多くあるのです。 ヒトの毛穴の数は生まれた時に決まっていて一生数は変わらないのだそうです。


毛穴が増えるのではなく、開いてしまった毛穴の数が多いと目に見える大きな毛穴が増え、毛穴自体が増えたように感じてしまうのです。


目で見ても、分からない毛穴の大きさは0.2ミリ以下といいます。
毛穴の大きさを決めるのは体内の男性ホルモンです。

皮脂腺が大きい程毛穴が目立つようになります。
男性のほうが毛穴が目立ちやすい人が多く、女性の方がきめ細かい肌をしているのは、男性ホルモンが原因だからなんですね。男性のほうが男性ホルモンが多いに決まってますから。


毛穴の大きさがは遺伝でもある程度決まっているといいます。
もともと、毛穴の大きさが小さい人は毛穴も目立ちにくく、毛穴の大きい人は目立ちやすく汚れも入り込みやすいのです。
また、1日の中でもコルチコイドというホルモン影響で毛穴の大きさが変わり、昼間より夕方の方が大きくなるようです。


加齢によっても毛穴の大きさは変わってきます。
赤ちゃんの頃はきめ細かいすべすべ肌ですが、20代・30代と年齢を重ねていくと肌も老化していき、小さくて丸かった毛穴も30代ころから目立ち始め、ほうっておくと50代頃には毛穴も長細く扁平した形に変形していってしまうのです。


様々な肌トラブルの原因ともなる毛穴。そもそも毛穴って必要なんでしょうか??


毛穴の役割と働き

毛穴には、大きく3つの役割と働きがあります。


1つ目はバリア機能
ホコリや細菌・紫外線などの外敵から肌を守るために、毛穴は皮脂腺から皮脂膜作り出し肌の水分を保ってバリアの役目を果たしてくれているのです。


2つ目は体温調節機能
毛穴は寒い時は毛穴を縮め体温が逃げるのを防ぎます。
暑いと感じたら汗として放出したりと、体温調節のバランスをとる大切な役割を果たしています。


3つ目はデトックス機能
毛穴は、汗や皮脂と一緒に体内の老廃物を排出するデトックス機能も持っています。


汚れが詰まったり開いたりと何かと厄介な毛穴ですが、私たちの身体にとってちゃんと大切な役割を持った欠かすことの出来ない器官なのです。




関連記事

女性よりも男性の方が必要?毛穴の汚れケア

毛穴の開きっぱなし 何故いけないの??



FXのテクニック