毛穴のトラブル 詰まり・汚れ

頬のシミ 実は毛穴の汚れかも!?

加齢や紫外線によってできるシミ・・・女性のとってシワと同様大敵です!!


この頬のシミ、ほんとにシミ??
そばかすのようにもみえる小さい点々としたシミ。
よく見てみると、実はシミではなく毛穴に1つ1つに入り込んだ汚れの場合もあるのです!!


毛穴黒ずみは鼻にできやすいことはよく知られています。
でも、鼻にしか出来ないことはなく頬にもできることはあります。
比較的できにくい部分ではありますが全くできないわけでもないですし、角栓・黒ずみの原因が古くなった角質や皮脂なので、顔中・体中どこにでもできる可能性が十分にあるのです。


頬は顔の中でも1番範囲が広い部分。
Tゾーンと比べると皮脂に分泌も少なく乾燥しやすいです。


乾燥しやすいのに、皮脂が詰まるのか??と思いますよね?
肌が乾燥していると、ヒトの身体は保湿がたりない!と反応し過剰に皮脂を分泌させます。
大人ニキビの原因も、過剰に皮脂を分泌しすぎることから起こり、元は乾燥が原因なのです。
つまり、保湿は足りない・乾燥しているときほど、毛穴は詰まりやすい状況にあるんです。


皮脂の過剰分泌にプラス、メイク、剥がれ落ちた古い角質、ホコリが頬に付くことで毛穴に汚れが詰まり、溜まって固まってしまいます。
頬の毛穴に詰まったまま空気に触れ酸化していくと、色が濃くなってきてシミ??と勘違いしてしまうこともあるようです。


また、汚れが原因で毛穴が色素沈着してしまうこともあります。
毛穴の汚れを無理に落とそうとして肌を刺激すると、毛穴にメラニン色素が集中してしまい、毛穴にメラニンが沈着してしまうメラニン毛穴になってしまいます。


これは、毛穴自体がシミになってしまっている状態なので、洗顔などのスキンケアでは改善されません。
エステなどでイオン導入やフォトフェイシャルなど美白効果のある施術をうけることが1番効果的でしょう。


頬の毛穴に汚れを溜めないようにするには、
・洗顔で余分な皮脂・メイクをしっかり洗い流すこと
・油分の多い化粧品(ファンデーションや下地)を使わないようにする(油分の多い化粧品は酸化しやすいため)

以上を徹底するだけでも違いは出てくると思います。



関連記事

毛穴汚れの代表 鼻の黒ずみ・いちご鼻解消法

毛穴の悩みにオススメのエステサロン


←前の記事 小鼻と顎に詰まりやすい 白い角栓



FXのテクニック