毛穴のトラブル 毛穴の開き・たるみ

毛穴の開きっぱなし 何故いけないの??

毛穴が開きっぱなしのままだと、なんかいけないの?? 自分が見た目が気にならないならいいんじゃないか。と思う人も中にはいるかもしれません。


毛穴が開きっぱなしの状態だと何がよくないのでしょうか??
まずは見た目。
開いたままの状態の毛穴は大きく見えて目立ちやすく、肌が汚く、実年齢よりも老けて見えてしまいます
そして、開いたままだと汚れが毛穴に詰まりやすくなり、角栓・黒ずみ・ニキビなどに肌トラブルも招いてしまいます。


見た目以外にも開きっぱなしの毛穴は、毛穴の役割と阻害することになっていまします。
毛穴とは?数・大きさ・役割を徹底調査!!でも書いたように、毛穴には3つの大きな役割担っています。


毛穴は皮脂腺から皮脂膜作り出して肌の水分を保ったり、ホコリや細菌・紫外線などの外敵から肌を守るためのバリア機能を持っています。
毛穴の開閉によって皮脂の分泌量を調整したり、ホコリや細菌などが入らないように守ってくれているのですが、毛穴が開きっぱなしのままだと、皮脂は分泌されっぱなし、ホコリや細菌も毛穴に入って炎症を起こしたり、紫外線ダメージも直接受けることになってしまいます・・・


毛穴にはワタシたちの体温を調節する体温調節機能も担っていて、寒い時は毛穴を縮め体温が逃げるのを防ぎ暑いと感じたら汗として放出したりと、体温調節のバランスをとる大切な役割です。


恒温動物のワタシたちは毛穴の開閉による体温調節で一定の体温を保つことができています。
毛穴が開きっぱなしだと体温を常に放出している状態ですので、毛穴の開閉はとても重要なのです。


毛穴は汗や皮脂と一緒に体内の老廃物を排出するデトックス機能も持っています。
ワタシたちが生きていく上で必要なエネルギーや物質を生成する代謝。
体内で代謝が行われると、同時に不必要なものも生成されてしまいます。これが老廃物。
老廃物は尿や便、汗となって体外に排出されます。


毛穴は、汗と一緒に体内の老廃物や皮膚からでた老廃物(古い角質)を排出する働きをしています。
毛穴が開きっぱなしの状態では、皮膚からの老廃物が開いた毛穴に詰まり、老廃物は蓄積、細胞の新陳代謝を低下させてしまいます。


毛穴の開きっぱなしは、見た目だけでなくワタシたちの健康にも大きく関係している重要な器官ということがわかります。
開いた毛穴を閉めなければいけない理由はちゃんとあるんです!開きっぱなし毛穴のまま放置しないで、キチンとケアすることが必須ですね☆


関連記事

毛穴とは?数・大きさ・役割を徹底調査!!

毛穴が開く原因(鼻編)

毛穴が開く原因(頬編)


←前の記事 毛穴が開く原因(頬編)



FXのテクニック