毛穴のトラブル 毛穴の開き・たるみ

たるみ毛穴と帯状毛穴の対処法

たるみ毛穴と帯状毛穴を改善するには、肌のハリと弾力を取り戻すことと、顔の表情筋を鍛えること!!


この2つさえしっかりやれば、たるみ毛穴も帯状毛穴も怖くなんかありません!!


肌のハリと弾力を取り戻す!
たるみ毛穴は、皮膚のたるみから引き起こされています。
ですから毛穴をどうにかするのではなく、肌のハリと弾力の元となる真皮のコラーゲンとエラスチンの補給して、肌そのものにケアしていきます。


真皮を支えるのがコラーゲン。
お肌のはりと弾力はコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸の量で決まってきます。
真皮内の線維芽細胞はコラーゲンとエラスチン、そしてヒアルロン酸を産生する工場のようなところ。


加齢や様々な原因によって、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸不足すると、肌にハリがなくなって弾力も失い、老け顔になっていまいます。


コラーゲンを増やすには、コラーゲン配合の化粧品を使えばいいのでは?と思いがちです。
コラーゲン配合の化粧品を使用しても分子が大きすぎて肌に浸透しにくいのです!


肌にもともと存在するコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸の産生を活性化させる効果にある、ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などが配合された化粧品を使うとハリや弾力が戻ることが期待出来ます。

しかし、真皮は肌の一番奥の層。
働きかけることもなかなか難しいのです。


手っ取り早く効果を上げるならフェイシャルエステです。
エステの施術は真皮の線維芽細胞にお肌の有効成分を確実に届けることが出来ます。
肌のハリ・弾力を取り戻すことは、お手の物です。


肌のハリや弾力以外に、たるみを改善するために必要な表情筋を鍛えるには、表情筋マッサージや、美顔器、エステでのケアが有効的です。


顔には幾つもの筋肉があり、その筋肉が顔の表情を作り出しています。
笑ったり、怒ったり、話したりする時に表情筋を使っていますが、全く使わない表情筋も存在しています。

この使わない表情筋が衰え、たるみの原因になっていくのです。
表情筋を鍛える=顔の筋肉を動かすこと。
つまり、マッサージでもなんでもとにかく動かすことが大切なんです!!


【顔のたるみに有効な表情筋マッサージ】

額・・・額の中心を下から上に、生え際に沿ってこめかみまで滑らせるようにゆっくりと動かします
鼻・・・両側を上から下に、小鼻は細かく上下に動かします
口周り・・・下から上に、口角を上げるように意識しながらマッサージします
頬・・・中心から外側に向かってくるくる小さな円を描きながら、顎から耳下、口角から耳の中央、小鼻からこめかみに向かってらせん状にマッサージ


自宅でケアするなら、美顔器などで表情筋を刺激することも有効的です。


顔のたるみは首の筋肉とも大きく関わっています。
頭の大きさ・重さにたいして、細い首で支えているので首の位置はズレやすいのです。

特に長時間パソコンに向かって作業をする人は首のズレをよくおこし、このズレが顔のたるみにも影響しているのです。


ズレが生じると、身体が無意識に修正しようとバランスを整えます。その時、首の筋肉に余計な緊張がかかり、顔の筋肉を下に引っ張ります。


顔のたるみを根本的に治すのであれば、肌のハリや弾力、表情筋を鍛えることと同時に首の筋肉をほぐすことも必要なんです!


【首の緊張を簡単にほぐす方法】
まっすぐな姿勢で、首の力を抜きます。
顔を天井に向けて、頭の重さにゆだねるようにします。
しばらくして戻す。これを数回繰り返すだけで首の緊張がほぐれ、顔のたるみの改善にもなります。

関連記事

顔のたるみの初期症状 たるみ毛穴

毛穴が開く原因(頬編)

アレで簡単毛穴ケア 毛穴レス肌へ!

毛穴の悩みにオススメのエステサロン


←前の記事 頬の凹凹 クレーター毛穴改善法!



FXのテクニック