毛穴のトラブル 毛穴の開き・たるみ

気になる毛穴を隠しちゃう 毛穴レス メイク術

多くの女性のとって悩みの毛穴トラブル。 スキンケア・エステなどで日々改善の努力をしていることでしょう。


しかし、なかなか毛穴のトラブルって簡単に解決しないものです。
なるべく目立たないように、メイクで隠している人がほとんどだと思います。


隠しているつもりが、逆に毛穴を目立たせてしまっているなんてこともあるかもしれません・・・
また、せっかくキレイになった毛穴もメイクでダメにしてしまっているかも・・・


ある調査で、メイク下地に何を使っているのか??という質問。
カラーコントロールタイプのメイク下地、BBクリーム・UV化粧品という回答がほとんど。
中には、下地は使わずいきなりファンデーションという人もいるようです。


毛穴に対してトラブルもない、もしくは毛穴レスを気にしないでメイクしているなら、肌にあったもので好きなものを使ってもいいでしょう。
毛穴を隠すメイクをしたいのであれば、カラーコントロールタイプの下地もBBクリームもUV化粧品も毛穴レスメイクには不向きです。
ましてや、下地なしなんてとんでもありません・・・


上手なベースメイクを身に付ければ、美肌に見えること間違いなしです!!


上手なベースメイクの基本は、メイク道具選びから始まります。
そして、毛穴の悩みによって化粧下地を変えることも大事です。


たるみ毛穴や皮脂毛穴は乾燥ケアが重要
化粧下地も保湿効果のあるものが最適
そして、メイク前にはしっかりと保湿ケアしてからメイクをすることが必須です。


凸凹毛穴やクレーター毛穴には、肌を平らな状態に仕上げることが大切。
ですから、毛穴の凸凹が気になる部分にはシリコン系の化粧下地や部分用の下地を使用するといいでしょう。
特に、混合肌など部分によって肌質が異なる人は、顔全体を同じ下地を使うのではなく、部分ごとに使い分けることが必要です。


黒ずみ毛穴・メラニン毛穴など、毛穴の黒ずみが気になるなら、イエロー系のカラーコントロール下地がいいでしょう。イエロー系に下地は黒色をカバーしてくれるので目立ちにくくなります。
また色が濃くて下地でも目立つ場合は、コンシーラーも併用するといいでしょう。


化粧下地が完成したら、次はファンデーション


ファンデ-ションも、リキッドタイプ、クリーム、パウダーなど種類がイロイロあります。


リキッドタイプやクリームタイプなどの液体状のファンデーションは、基本的にどの毛穴にも適しています。
毛穴の入り口に入り込み、肌の凸凹を無くして滑らかにみせてくれます。


液体タイプのファンデーションは叩きこむように塗るのがオススメ☆
普通に塗ってしまうと、厚みがでて重たいカンジの肌になってしまいます。


化粧下地でしっかりベースができているならパウダリーファンデーションでも大丈夫☆
乾燥が原因で毛穴が開いてしまう、たるみ毛穴などは保湿効果があるファンデーションを使用することをオススメします。


ファンデーションの色も毛穴の悩みに合わせてセレクトすると
毛穴の凸凹が気になるなら肌に近い色、もしくは肌の色よりもワントーン明るめ、
黒ずみやメラニン毛穴が気になるなら、ワントーンく暗い色のファンデを選ぶといいでしょう。


仕上げに使うフェイスパウダー。
毛穴の影をカバーして目立たないようにする役割があります。

たるみ毛穴などはパール入りのフェイスパウダーがオススメです。
光の拡散作用で毛穴の影を目立ちにくくしてくれます。


黒ずみが気になる人はマットな質感のものがいいでしょう。


毛穴レスベースメイクをしっかり身につけてしまえば、毛穴トラブルの応急処置はOK!
メイクで隠れたからと、満足しないで、スッピン美肌を目指してスキンケアも怠らないようにしていきましょう♪♪


関連記事

毛穴診断 アナタの毛穴はどのタイプ?

アレで簡単毛穴ケア 毛穴レス肌へ!

肌のキメと毛穴の状態 毛穴が目立つ原因


←前の記事 アレで簡単毛穴ケア 毛穴レス肌へ!


FXのテクニック